生活習慣病とは

生活習慣病となるメタボリックシンドロームを放置しておくと、時には命を奪い兼ねない怖いものだと認識してもらえればと思います。実際に肥満が原因で発症する病気は多く最近ではマスコミで頻繁に取り上げられています。とくに肥満は代謝に対する影響が大きくインスリンの働きが鈍り糖尿病になりやすい。肥満の方の多くが脂肪の貯蔵庫である肝臓が脂肪肝になり機能が低下している傾向があるようです。さらにあまった脂肪は血液中に入り込み、コレステロールや中性脂肪になり、高脂血症や高血圧、
動脈硬化など引き起こし脳卒中や心臓病など危険度が大きい病気の原因になっている。
その他痛風や運動障害、婦人病や骨粗しょう症などにも体脂肪が影響を与えている。


体脂肪が異常に貯まると・・・

高脂血症・高血圧・糖尿病・肝臓病・運動障害・

女性の病気・心臓病・動脈硬化・高尿酸血症・

●体脂肪は寒いときは皮下脂肪が放熱をおさえて体温の低下を防ぎ、暑い時には外気温が体内に伝わるのを防ぎ体温の上昇をおさえてくれる。

●脂肪がたまりやすい腹部、腰部、太もものなど皮下など内臓のまわりにたまりやすいのはここに白色細胞が多く存在するからです。

●中年太りの減量は脂肪細胞の中に中性脂肪が詰められて大きくなってるケースが多く、減量をして脂肪が減れば細胞がしぼみ効果はあらわれます。

●ウォーキングやジョギングなど有酸素運動を定期的に行い、栄養摂取を管理すれば善玉コレステロールは増え持久力も高まる。

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved