糖尿病

糖尿病は血糖値が高くなる病気です。血糖は血液中のブドウ糖のことで生きていくためのエネルギー源です。日本人の成人の約6人に一人かかっているといわれてる糖尿病はすい臓から分泌されているホルモンに一種で、インスリンが何らかの原因で不足したり効き目が悪くなったりすることによって血糖値が増えすぎる高血糖の状態になって起こる病気です。血糖値が高くなるとコレステロールを運ぶリポたんぱくに糖がしみこんだ糖化DLや脂質が酸化した酸化DLなどを作りやすくなります。これらは細胞の中に取り込まれないために血液中をめぐって血中コレステロールを値を上げ血液をドロドロにしてしまいます。動脈壁に蓄積して動脈硬化を加速させてしまいます。

●1型糖尿病 生活習慣に関係なくスすい臓に散在する細胞群ランゲルハウス島の炎症をともなう自己免疫異常によりインスリンの生産ができなくなって発症する。

●2型糖尿病 遺伝的要素などや誤った食生活、運動不足、肥満、ストレスなど重なってインスリンの
 血糖値をさげる力が弱くなったりインスリン分泌が低下して発症。なんと日本人の糖尿病の95%を占める。

放置するとおなかがすく、のどが渇く、身体が疲れやすい手足がしびれやすいなどの症状が出てくるころには糖尿病がかなり進んでることが多い。同時に合併症もでてることが多い。症状が出ないからといって放置していると身体のあちこちに障害が起き糖尿病の三大合併症である糖尿病網膜症、神経障害、賢症になり、失明、手足のしびれたり人工透析を受けなくてはならなくなったりします。糖の多いドロドロの血液は全身の血管に動脈硬化を起こして心筋梗塞や脳梗塞などさまざまな病気を引き起こします。

3つの検査方法
1.空腹時血糖値 8~12時間絶食した後採決して血糖値を調べます126/㎎/dl以上の人は「糖尿病型」と診断され、これが2回出たら「糖尿病」と診断されます。

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved