女性のメタボリックシンドローム

中高年男性に多いとして話題になったメタボリックシンドロームは実は女性こそ再認識すべきと専門家は声がそろえていう。厚生労働省の定めた基準では女性向きには緩すぎるという現状だ。

日本人女性が内臓脂肪型肥満を意識すべき目安は80センチとしたほうがいいという結果、18歳の時の体重と比べて現在どれぐらい増えたかを目安するのが現時点では最善。身長の成長がほぼ止まる18歳を基準に体重が5㌔増えた人は危険域10㌔増えたら確実に内臓脂肪症候群の疑いがある。女性の場合35歳を過ぎたころから要注意。若いうちは内臓脂肪より皮下脂肪が先に付くが35歳ぐらいから内臓脂肪が付きやすくなる。忘年会シーズンはスケジュールを立て宴の前日など和食を中心に摂取カロリーを控え食べすぎ、飲みすぎに注意。冬場は血行不良になり基礎代謝が低下するので糖質をエネルギーに変える働きのあるビタミンB1、脂質をエネルギーに変えるビタミンB2を摂取しよう。

「このくらいは大丈夫だよね!」「自分にはまだまだ関係ないわ!」などと思っていると、本人の自覚のない間に、ドミノ倒しのように一つの疾患が次から次へと進行して行きます。厚生労働省の2004年11月の調査よると予備軍を含めると、40~74歳の男女では、男性は約50%、女性は約20%の人が「要注意!」に達しています。
しかし、肝心なことは、この内臓脂肪は生活習慣(食生活&運動習慣)を見直すことにより皮下脂肪とは比べものにならないくらい簡単に落とすことができるのが特徴です。

女性の方も十分注意して少しでもメタボリックシンドロームにあてはまるなら早期改善が必要です。自覚して運動、食事を心がければメタボリックシンドローム脱出できるでしょう!

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved