メタボリックシンドロームの定義

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」とは、内臓脂肪の蓄積により心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病になる確率が高くなっている状態。生活習慣病と呼ばれている主な疾患には「肥満症「高血圧「糖尿病「高脂血症」などがある。それぞれは独立したものではなく肥満、とくに「内臓脂肪型肥満」が原因であることがわかってきました。内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態がメタボリックシンドロームと呼ばれ、健康の指標として国内外で注目されています、具体的に男性では腹囲が85センチ以上、女性では90センチ以上で、かつ、高脂血症、高血糖、高血圧の3つのうちの2つがあればメタボリックシンドロームと診断される。

腹囲が基準とされるかというと、脂肪のうち、腹囲の内側部分の内臓付近に溜まる内臓脂肪こそが、糖尿病、動脈硬化を起こす原因とされている。
また、内臓脂肪は糖尿病を防ぐ「アディポネクチン」というホルモンの分泌を減少させ、「TNF‐α(腫瘍壊死因子)」の分泌を増やしてしまいます。その結果、高血糖、高脂血症などが起こりやすくなり、糖尿病を起こす可能性が確率がさらに高くなる。。


普通体重  18.5以上 25未満
肥満(1度) 25以上  30未満
肥満(2度) 30以上  35未満
肥満(3度) 35以上  40未満
肥満(4度)    40以上  

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved