内臓脂肪

メタボリックシンドローム(内臓脂肪)の増加は、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症の促進につながります。
内臓脂肪が多く作る悪玉物質の一つは、腫瘍壊死因子(TNF-α:Tumor Necrosis Factor-α)という物質です。名前の通りに悪性細胞を攻撃します。ただ、攻撃の中に、兵糧攻め的な作用があり、細胞が血糖を取り込むために必要なインスリンの効果を低下させます。このために、体全体のインスリンの効果が悪くなり、糖尿病の原因となります。
腫瘍壊死因子とは別のインスリンの作用を低下させる物質の産生も確認できています
「隠れ肥満」も、この内臓脂肪蓄積型の肥満に含まれている。
皮下脂肪に比べ、糖尿病や高脂血症など、多くの生活習慣病の基になる“諸悪の根源”である。これらの合併症を持っている人は、まず内臓脂肪を減らす必要がある
中でも危険な肥満が内臓脂肪蓄積型の肥満だ。中高年の男性に典型的で、やせているのにお腹だけが出ているタイプに多い。内臓への脂肪蓄積によって、糖尿病(耐糖能異常)や高血圧、高コレステロール血症などが同時に進行すると、「内臓脂肪症候群」と呼ばれる状態になり、やがて動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞(こうそく)に発展する可能性がある。
何よりもまず大事なことは内臓脂肪の量を正確に把握することで、そのためにはエックス線断層撮影(CT)装置が必要。「手間や医療費の問題があるが、最近は糖尿病や高脂血症などに良い薬ができているため、医師が内臓脂肪の危険性の説明に時間をかけるよりも、薬を出してしまうケースもあるという。「内臓脂肪を減らせば、薬を使わずに済んだり、使っても少量で済むようになる」目標はお腹の断面で見て、内臓脂肪の面積100平方cm(簡単に言うと、10cm×10cm)以下。「内臓脂肪は増えるのも早いが、減るのも早い。食事だけで、かなり代謝は改善される。まず内臓脂肪を減らすことが大事。

内臓脂肪はホルモンの関係で、女性よりも男性のほうがつきやすくなっています。男性は筋肉が女性より多い分、筋肉の熱源としての内臓脂肪も多くなっているのです。
女性はどちらかというと、内臓脂肪よりも皮下脂肪のほうが多くなります。といっても、男性に比べてということであって、不規則な生活をしていると、内臓脂肪が付いていきます。

内臓脂肪がつきやすい人は、昔スポーツをしていたが、今はやめて運動しなくなった人、ダイエットをやめてリバウンドした人、不規則な食事をしている人に多いといわれています。

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved