合併症

一つの病気にかかっているとき、同時に起きる他の病気のこと。併発症ともいう。糖尿病は、糖尿病に関連したさまざまな合併症を起こしやすく病状を進行させます。
「メタボリックシンドローム」は、「肥満」「高血糖(」などの動脈硬化因子が一個人に重複して存在している状態の事を指します。
メタボリックシンドロームで注意したいのは、それぞれの異常が軽くても合併するとリスクが高いという点です。少し高血圧気味、少し太り気味、少し血糖値が高い・・・。こうした症状でも、積み重なることで非常に高リスクとなります。原因についてはまだ明らかにはされていませんが、生活習慣と遺伝要因によるものだと考えられています。高血圧と診断された際には、その他の病気とのかねあいが非常に重要になってくるのです。

メタボリックシンドロームとは、直訳すれば「代謝異常症候群」。インスリン抵抗性、内臓肥満、高中性脂肪血症、高血圧などの危険要因が重複すると、危険度がさらに高くなることからこう名付けられました。米国の基準では、「耐糖能異常(または2型糖尿病)」「高中性脂肪血症」「低HDL(善玉)コレステロール血症」「内臓脂肪型肥満」「高血圧」のうち、3項目以上満たす場合をメタボリックシンドロームと定義しています。この基準を満たすと、糖尿病を発

「食事は腹八分目」

「野菜・食物繊維をしっかり摂取する」

「糖分、塩分、動物性脂質の摂取を控える」

「運動を心がける」

「禁煙」

「ストレス発散のための飲酒や、過剰な飲酒を避ける」

「睡眠」

など上記のことを守れば合併症やメタボリックシンドロームの発生は防げるはずですので
家族や周りの方の応援で阻止できるでしょう、ただし本人のやる気が一番ですが。

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved