インスリン

インスリンとは血液中のブドウ糖(血糖)を細胞内にエネルギーとして取り込むためのホルモン。すい臓のランゲルハンス島にあるベータ細胞から分泌され、血糖値を上昇し過ぎないよう調節する役割を持つ

インスリンのメカニズム
人間が活動するためには、食べ物によるエネルギーが必要です。わたしたちは、ご飯などに含まれる炭水化物を胃や腸で分解し、さらに肝臓でブドウ糖に変えて、脳や筋肉のエネルギー源としています。
インスリンは肝臓で役目を果たすと、今度は全身の血液に入り、筋肉や脂肪組織に働きかけて、ブドウ糖の利用と蓄積を促します。食事をしたあと、一時的に増加したブドウ糖量はこのようにして調節され低下します。インスリンがうまく作られなくなると、血液中のブドウ糖はエネルギーに変わらず、どんどん溜まってゆくことに。ついには、尿と一緒に体の外に捨てられてしまいます。体からエネルギーが失われ、倦怠感に襲われるだけでなく、血糖値コントロールもできなくなってしまうのです。

体内でインスリンを作り出すことのできない1型糖尿病の方は、自分で血糖値を測定し、外からインスリンを注入して、血糖値をコントロールしなくてはなりません。
おもな血糖自己測定法としては、採血器具で指を突き、必要な血液を試験紙にとって測定結果を読む方法があります。

インスリン注射
超速効型
速効型
中間型
遅効型
超遅効型
作用の速いものと遅いもの混ぜた混合製剤 などさまざな種類がある。

1日2回から4回症状にあわせて注射を行います。

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved