インスリンについて

メタボリックシンドロームは生活習慣病であり糖尿病とインスリンは、必要不可欠な存在です。体内で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節する働きをするほか、血液中のブドウ糖を体内の細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンというものに変えて、エネルギーとして蓄える働きがあります。血液中のブドウ糖(血糖)を細胞内にエネルギーとして取り込むためのホルモン。すい臓のランゲルハンス島にあるベータ細胞から分泌され、血糖値を上昇し過ぎないよう調節する役割を持つ。
つまり、インスリンはブドウ糖のコントロールをしているんです。ですので、インスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に送り込まれず、血液中のブドウ糖が利用されなくなり結果として血糖値が上がります。 こうなると、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないから、体がだるくなるなどの症状があらわれます。
膵臓から分泌されるホルモン。エネルギー減となる血液中のブドウ糖を細胞内に取り込む時の橋渡し役を担っている。糖尿病ではインスリンの量が不足するか、インスリンへの感受性が低下しているためにブドウ糖を細胞内に取り込みにくくなる(インスリン抵抗性)。
インスリン抵抗性などにより血中のインスリンの濃度が上がることを高インスリン血症といい、脂肪の分解が抑制され肥満になり易くなる。また、高脂血症や高血圧などとも関係しているとされる。
一体内で血糖値を下げることのできるホルモンはインスリンだけなのです。
人間が活動するためには、食べ物によるエネルギーが必須です。ご飯などに含まれる炭水化物を胃や腸で分解し、さらに肝臓でブドウ糖に変えて、脳や筋肉のエネルギー源としています。インスリンは、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されると、肝臓へと送られます。肝臓はインスリンの力で、ブドウ糖をグリコーゲンというかたまりにし、肝臓の内部に蓄えます。
インスリンは肝臓で役目を果たすと、今度は全身の血液に入り、筋肉や脂肪組織に働きかけて、ブドウ糖の利用と蓄積を促します。食事をしたあと、一時的に増加したブドウ糖量はこのようにして調節され低下します。
インスリンがうまく作られなくなると、血液中のブドウ糖はエネルギーに変わらず、どんどん溜まってゆき、ついには、尿と一緒に体の外に捨てられてしまいます。体からエネルギーが失われ、倦怠感に襲われたり、血糖値コントロールもできなくなってしまう症状に。


メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved