日常から意識を変え運動してみる

中高年には何かしら故障をもっている人が多く運動によって隠れていた病気が発見されることも多々あります。運動を始める前に医師やスポーツドクターに相談するのがいいでしょう。
心臓病、高血圧、糖尿病など方は不適切な運動によって症状が悪化する場合が多い。血液検査や胸部X線検査、運動負荷心電図などの検査を受け医師の許可を得てから運動をはじめるにしよう。健康センターやスポーツクラブにはスポーツドクターが個人にあった運動メニューを作成し指導をしてくれるところもあるので最寄のセンターなど問い合わせてみよう。

日ごろの通勤などでできるところから改善はできるのでまずは駅までのバスなどを止め徒歩に変える。
エレベーターも使わず歩く。とにかく歩く日常生活の中での運動や動くという意識をうえつけ、自己から改善しましょう。なにげない普段の生活から変れますよ。軽い全身運動は血行を促進して疲労回復効果が期待でき、身体の部分的な疲れや精神的疲労の回復に有効です。


1.1日30分ぐらいのウォーキングがおすすめ

2.週4回の運動が理想

3.歩く速度や歩幅などパターンを変え運動に変化をつけよう。

メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと中性脂肪

メタボリックシンドロームとBMI

メタボリックシンドロームとインスリン

メタボリックシンドロームと合併症

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームと生活習慣病

健康関連リンク

おすすめリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 メタボリックシンドローム. All rights reserved